• ホーム
  • 避妊薬の原料と解任しない仕組み

避妊薬の原料と解任しない仕組み

2020年02月01日

避妊とは、医薬品や手術などの手段を用いて、受精もしくは受精卵の着床を妨げて、妊娠を避けることです。
広く知られている避妊のアイテムとしては、コンドームが代表的です。
また、近年ではさらに安全性の高い避妊薬がポピュラーな存在になりつつあります。
日本では、1999年に低用量ピルが認可され、さらに2008年に月経困難症の治療薬としても承認されています。

避妊薬は、1960年代にアメリカで開発されたもので、国によって状況は異なりますがトータルでは世界で約1億人の女性が使用しています。
黄体ホルモン様作用を示すプロゲストーゲンとエストロゲンの2種類のホルモン剤を原料として構成されており、排卵の抑制、子宮頚管粘液の性状の変化(精子の子宮内侵入を抑制)、子宮内膜の変化(受精卵の着床抑制)という流れで作用します。
正しく服用した場合で解任する確率は、わずか0.3%になります。
これは、避妊手術での解任率が0.1%から0.5%とされているので、ほぼ遜色のない内容となっています。

なお、この避妊薬の原料である女性ホルモンは、人口的に合成されたものであるということが、更年期障害の治療などで用いられているホルモン剤との違いです。
ホルモン補充療法で使用するホルモン剤は、分泌量が低下したホルモンを補給することを目的としており、天然由来の成分を原料としています。

これに対して避妊薬は解任を目的としており、エストロゲンの量は約5倍です。
これは、卵巣の働きが正常な状態であるにも関わらず使用するためであり、足りないものを補うという目的で使用するものではないからです。
このために、避妊薬の使用は、宮内膜症などのホルモン系疾患の発症率を高める危険があるということを認識しておかなくてはなりません。

関連記事
最長1週間生きる精液と様々な避妊法

セックスの際に避妊をしなければ、当然妊娠する可能性があります。そして避妊の方法にも様々ありますが、確実なものはありません。ここでは、妊娠に関する基礎知識と、いくつかの避妊法について説明してみたいと思います。妊娠は、男性の陰茎から飛び出た精液を女性の膣内に入れ、卵子の中までたどり着き、受精卵になること

2020年05月07日
ラテックスの利用や黄体期について知り避妊を行う

女性の体が排卵期やその前後にあたるときに性行為を行えば妊娠しやすくなり、妊娠を避けるためには避妊を行う必要があります。黄体期は排卵が終わり安全日だといえますが、日ごろ生理不順の人や年齢が若い人は落ち着いた周期になっていないため、安全日であっても避妊の対応をしっかりと行うべきです。生理予測サイトなどを

2020年03月20日
避妊をするために男性用のジェネリック医薬品を利用

避妊をするために男性用のジェネリック医薬品を利用すれば、パートナーが性行為で苦しむことがなくなって満足の行く営みを行うことが出来ます。基本的に、男性が避妊をするための手段としては男性用のコンドームなどの避妊具を使うことが一般的となっています。もちろん、こうした男性用避妊具を利用することによって高い確

2020年01月02日
避妊のマナーと生理中の酷い腹痛にはピルが効果がある

避妊は必ずしも男性が率先して行うこととは限りませんが妊娠をまだ望んでいないなら性行為の大切なマナーでもあります。仮に避妊を失敗し妊娠したとすると、出産か堕胎か選択することになりますが、堕胎を選択すると身体だけでなく心にも大きな傷を女性は負うことになります。それが原因で不妊になったり精神的に不安定にな

2019年12月01日
様々な避妊方法 2019年08月23日

微笑む女性

様々な避妊方法

望まない妊娠を避けるための避妊法は現在様々な方法があり、それぞれの人は複数の選択肢から自分にとって最も良い避妊法を選ぶことが出来るようになりました。現在日本国内で最も利用されている避妊法となっているのはやはりコンドームであり、これは古くから避妊具として人間が活用してきた存在です。そもそもは性感染症予

2019年08月23日
オンラインでも予約できる?避妊外来の診療内容とは

婦人科の病院の中には、避妊外来を設けているところもありますが、その診療内容はどのようなものなのでしょうか。避妊外来では、自分に合った避妊方法の相談をして措置をしてもらったり、アフターピルの処方をしてもらいます。避妊方法には、主に低用量ピルの処方や、子宮内にIUDと呼ばれる器具を挿入する方法があります

2019年11月01日
避妊薬による血栓症のチェック

低用量ピルともよばれる経口避妊薬は、継続的に飲んでおくだけで、ほぼ100パーセントに使い避妊効果を発揮できるというところから、わが国ではまだ普及率は少ないものの、着実にシェアを伸ばしているようです。しかし、この経口避妊薬というのは、卵胞ホルモンなどの女性ホルモンのはたらきをする物質を合成したホルモン

2019年09月28日
避妊に失敗したときの対処方法

避妊に失敗してしまうというのはよくあることで、たとえば日本人にはなじみのあるコンドームを使った方法でも、3パーセントから15パーセントというやや高い割合で、避妊に失敗してしまう確率があるといいます。それでは、避妊に失敗すればそのまま望まない妊娠に甘んじなければならないのかといえば、そのようなことはあ

2019年09月12日