• ホーム
  • 避妊薬による血栓症のチェック

避妊薬による血栓症のチェック

2019年09月28日
薬を飲んでいる女性

低用量ピルともよばれる経口避妊薬は、継続的に飲んでおくだけで、ほぼ100パーセントに使い避妊効果を発揮できるというところから、わが国ではまだ普及率は少ないものの、着実にシェアを伸ばしているようです。
しかし、この経口避妊薬というのは、卵胞ホルモンなどの女性ホルモンのはたらきをする物質を合成したホルモン製剤であるために、さまざまな副作用を発症してしまうことがあります。
よくありがちなのは吐き気、嘔吐、下腹部痛、不正出血、胸の張り、だるさなどといったものですが、こうしたものでも軽易な副作用については、からだが慣れるとともにやがておさまりますので、長くても数週間程度の辛抱といえます。

ところが、これとはまた別に経口避妊薬には血栓症をもたらすリスクというものも指摘されていますので、チェックをおこたらないことがたいせつです。
血栓症というのは、血のかたまりが血管をふさいでしまい、血液が流れにくくなるという症状のことをいい、ふつうにこうした症状が起きることはまれですが、もとからタバコをひんぱんに吸っている女性の場合、タバコによって血管が収縮して細くなった状態ですので、この血栓症にはかかりやすくなってきます。
いちおうの目安として、35歳以上で1日15本以上のタバコを吸う習慣のある人かどうかを問診などでチェックして、これに該当する場合は経口避妊薬は処方されないことになっています。
ここまでの本数ではなくても、やはりタバコというのは血栓症にとってのリスクですから、急に刺すような胸の痛みがないかどうか、ふとももなどが腫れたり赤くなったりしていないか、息切れや失神などがないかどうかという、血栓症の兆候をチェックしておいたほうがよいでしょう。

関連記事
避妊のマナーと生理中の酷い腹痛にはピルが効果がある

避妊は必ずしも男性が率先して行うこととは限りませんが妊娠をまだ望んでいないなら性行為の大切なマナーでもあります。仮に避妊を失敗し妊娠したとすると、出産か堕胎か選択することになりますが、堕胎を選択すると身体だけでなく心にも大きな傷を女性は負うことになります。それが原因で不妊になったり精神的に不安定にな

2019年12月01日
様々な避妊方法 2019年08月23日

微笑む女性

様々な避妊方法

望まない妊娠を避けるための避妊法は現在様々な方法があり、それぞれの人は複数の選択肢から自分にとって最も良い避妊法を選ぶことが出来るようになりました。現在日本国内で最も利用されている避妊法となっているのはやはりコンドームであり、これは古くから避妊具として人間が活用してきた存在です。そもそもは性感染症予

2019年08月23日
オンラインでも予約できる?避妊外来の診療内容とは

婦人科の病院の中には、避妊外来を設けているところもありますが、その診療内容はどのようなものなのでしょうか。避妊外来では、自分に合った避妊方法の相談をして措置をしてもらったり、アフターピルの処方をしてもらいます。避妊方法には、主に低用量ピルの処方や、子宮内にIUDと呼ばれる器具を挿入する方法があります

2019年11月01日
避妊に失敗したときの対処方法

避妊に失敗してしまうというのはよくあることで、たとえば日本人にはなじみのあるコンドームを使った方法でも、3パーセントから15パーセントというやや高い割合で、避妊に失敗してしまう確率があるといいます。それでは、避妊に失敗すればそのまま望まない妊娠に甘んじなければならないのかといえば、そのようなことはあ

2019年09月12日