• ホーム
  • 避妊に失敗したときの対処方法

避妊に失敗したときの対処方法

2019年09月12日
笑顔の女性

避妊に失敗してしまうというのはよくあることで、たとえば日本人にはなじみのあるコンドームを使った方法でも、3パーセントから15パーセントというやや高い割合で、避妊に失敗してしまう確率があるといいます。

それでは、避妊に失敗すればそのまま望まない妊娠に甘んじなければならないのかといえば、そのようなことはありません。
性行為があった後で、事後的に避妊をするための医薬品として、アフターピルとよばれるものが開発されているためです。

このアフターピルというのは、基本的には性行為後72時間というリミットまでの間に一度だけ飲むことによって、すぐれた効果を発揮するという緊急避妊薬です。
このような医薬品を飲むことによって、女性の体内に黄体ホルモンが十分な濃度でいきわたりますので、体が妊娠したものと錯覚して、排卵を停止してしまうなど、新しく妊娠をすることがなくなる状態となります。
そのため、結果として性行為後に妊娠が成立することも阻止することができるのです。

このような事後的な避妊方法は、専用のアフターピルではなく、一般に事前の避妊の目的で使われている低用量ピルや中用量ピルを、通常よりも多くの量を一気に飲むということによっても可能です。
ただし、飲む量やタイミングについては、それぞれのピルの有効成分の含有量などによって異なりますので、かならず専門の医師の指導を受けて、その指導にしたがって行うことがたいせつとなってきます。

性行為後72時間以内にこうしたアフターピルを正しく飲むことができれば、おおむね7割から8割程度は避妊に成功できるとされていますが、この確率を高めるためには、なるべく早くアフターピルを飲むということが不可欠になります。

関連記事
様々な避妊方法 2019年08月23日

微笑む女性

様々な避妊方法

望まない妊娠を避けるための避妊法は現在様々な方法があり、それぞれの人は複数の選択肢から自分にとって最も良い避妊法を選ぶことが出来るようになりました。現在日本国内で最も利用されている避妊法となっているのはやはりコンドームであり、これは古くから避妊具として人間が活用してきた存在です。そもそもは性感染症予

2019年08月23日
オンラインでも予約できる?避妊外来の診療内容とは

婦人科の病院の中には、避妊外来を設けているところもありますが、その診療内容はどのようなものなのでしょうか。避妊外来では、自分に合った避妊方法の相談をして措置をしてもらったり、アフターピルの処方をしてもらいます。避妊方法には、主に低用量ピルの処方や、子宮内にIUDと呼ばれる器具を挿入する方法があります

2019年11月01日
避妊薬による血栓症のチェック

低用量ピルともよばれる経口避妊薬は、継続的に飲んでおくだけで、ほぼ100パーセントに使い避妊効果を発揮できるというところから、わが国ではまだ普及率は少ないものの、着実にシェアを伸ばしているようです。しかし、この経口避妊薬というのは、卵胞ホルモンなどの女性ホルモンのはたらきをする物質を合成したホルモン

2019年09月28日